まずはエリア情報を確認

グラフ

杉並区で不動産を選ぶ時には、まずはエリアの特色を把握していきましょう。杉並区は渋谷や新宿にも近く、利便性の高い街となっています。その用途は土地の半分以上が住宅地として整備されており、マイホームや賃貸物件が豊富です。区内には多数の路線が敷設されており、交通利便性は高めと言えます。特に通勤・通学を重視するときには、沿線エリアを選びやすいのは魅力となるでしょう。特に居住用エリアとしては、「高円寺」や「荻窪」が人気が高いです。まず高円寺駅周辺のエリアは独自のカルチャーができあがっていて、全体的にアートや古着屋などが多くあります。商店街も多数あって、ショッピングにも事欠きません。荻窪は閑静な住宅地となっており、もの静かな住環境を求める方は要チェックです。他に下町風情が残るエリアを有し、物価・賃料が安めな阿佐ヶ谷や、色々な商業施設が充実した永福町なども人気があります。

予算とローンについて

一軒家

エリアを選んだら次に不動産の予算を検討していきます。一般的に無理のない住居費用は、月給の3割程度とされているので、これを目安に考えていくのがおすすめです。もちろん賃貸とマイホームで若干考え方は変わりますが、この辺りは今後の結婚・子育てなど計画などと併せて考えていきましょう。物件を選ぶ際には、本体価格の他に色々な費用が必要になってくるので、注意が欠かせません。購入の場合は税金や登記のための免許税、引っ越し費用などが必要になります。賃貸の場合は敷金や保険料、マンション購入の場合には大規模修繕費の積み立てなどもあるので要注意です。賃貸以外ではローンを組む必要性が高くなるため、杉並区の金融機関はしっかりと調査しておきましょう。

会社選びはかなり重要

家族

エリアと予算を決めたら、いよいよ物件を探していきますが、大切なのが不動産会社を上手に活用していくことです。杉並区は人気の高い街ですが、中でもこれから利便性が高まってきそうなエリアや、穴場的なエリアも存在しています。このような情報を仕入れるには、自身でリサーチするだけではなく、信頼できる不動産会社のサポートがある方が有利です。利便性や災害対策など、色々な観点から情報を集めてくれる会社を選んでいきましょう。いざ取引・契約をすることになっても、プロのサポートがある方が心強いです。仲介手数料が必要にはなってきますが、変な物件を選んだり、契約のとりまとめで失敗して損をするのに比べると、高い出費とは言えないでしょう。法律関係にも詳しいので、契約の相手方に騙されたり言いくるめられたりしてしまうリスクも低くなります。杉並区には多数の不動産会社があるので、複数に相談してみて、対応の良かった会社を選んでいくのがおすすめです。

広告募集中